コロナワクチンに「有望な結果」免疫反応を確認(20/05/19)



アメリカのトランプ大統領がまだ承認されていない薬を服用していると発言し、波紋が広がっています。

 アメリカのバイオ医薬品のベンチャー企業「モデルナ」社は18日、開発中の新型コロナウイルス用のワクチン「mRNA-1273」について、初期段階の臨床試験で良好な結果を得られたと発表。アメリカではワクチン開発への期待が高まっています。
 18歳から55歳までの男女45人を投与するワクチンの量で3つのグループに分けて臨床試験を行った結果、全員から新型コロナウイルスの感染を防ぐ可能性のある抗体が確認されたとし、このうちの8人からは感染して回復した人と同程度か、それを上回る値の中和抗体が検出され、重篤な副作用もなかったということです。
 モデルナ社は7月から数千人が参加する最終段階の臨床試験を始める予定で、ザックス最高医療責任者はアメリカメディアCNNに対して、早ければ来年1月にもワクチンを実用化できるかもしれないとの見通しを示しています。
 そんななか、新型コロナウイルスのワクチンとしてまだ承認されていない薬をトランプ大統領が服用していることが分かり、波紋を広げています。トランプ大統領が感染しないようここ10日ほど毎日、服用しているのが抗マラリア薬のヒドロキシクロロキンです。この薬は現在、臨床試験は行われているものの効果があるかどうか分かっていないうえ、投与した患者の一部に心拍の異常が出る副作用の報告が出ています。
 これまでにも新型コロナウイルス対策として消毒液の注射や紫外線または強力な光の体内照射など医学的に根拠のない発言をしているトランプ大統領。ヒドロキシクロロキンの効果を疑問視する人もいるが、トランプファンじゃないからだとしています。一方、アメリカ食品医薬品局はヒドロキシクロロキンについて、医療機関での治療以外、個人では服用しないよう注意を呼び掛けています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧