職場の愉快な仲間たち①

一期下の後輩 角ちゃん

登場人物

 

俺(本人)

角ちゃん(一期下の後輩 可愛がりすぎて少し生意気)

BとC(新入社員)

 

その日は同じ物の生産が2回あった

 

前日に角ちゃんが新入社員のBに

 

一度やり方を説明したようで

 

1度目を角ちゃんがBに

 

2度目を俺がCに教えることになった

 

 

1度目の生産している間に

 

俺の後輩である角ちゃんが

 

新入社員にちゃんと教えられてるのかを

 

チラ見しながら

 

Cに簡単に一通りの流れを説明していた

 

 

 

そして1回目の生産が終わり

 

俺とCの番になった

 

生産しながら注意点や

 

混ぜ方、理屈などを教えて

 

生産は無事終了した

 

 

今日も終わったなーと一息ついていると

 

1期下の後輩である角ちゃんに呼び止められた

 

角ちゃん「私がBに教えてたの聞いてて

言葉とか注意点わざと真似して

Cに教えてたんですか?」

 

 

俺「あの生産を角ちゃんに教えたの俺じゃん」

 

 

 

俺  角ちゃん「「ふふふwww」」」

足を骨折したおかゆさん

登場人物

 

 

おかゆさん(おかゆのように優しい。

                発する言葉は主にあ行)

 

 

始業してから2時間ほどたち

 

数分時間を作ることができたので

 

現場の進行状況を確認するため

 

部署内をウロウロすることにした

 

一通りの確認を終えて

 

軽作業をするための小部屋に向かった

 

扉を開けていないのにもう

 

お〜という声が聞こえる

 

おかゆさんがそこにいるのがわかった

 

おかゆさんは優しくて変なおじさんである

 

 

俺「おかゆさんお疲れ様です

どんな感じですか?」

 

おかゆさん「えぇ〜」

 

俺「こっちの作業少し変更点ありまして

〇〇を先に用意していただいてもいいですか」

 

おかゆさん「あぁ〜(わかりました)」

 

俺「あれ?

おかゆさんなんでサンダル履いてるんですか?

いつもの作業靴はどうしたんですか?」

 

おかゆさん「いぃ!!」

 

俺(ショッカーかよ…)

 

おかゆさん「じ、実は…帰り道…

駅で転びまして…」

 

俺「え、折れてるんですか?

ちゃんと病院行きました?」

 

おかゆさん「い、行ったんですけど

ギプスつけられて靴履けないので

取っちゃいました…」

 

俺「え、今何もつけてないんですか?

変にくっついて危ないですよ?」

 

おかゆさん「い、家にちょうどサイズ間違って

買っちゃったiPhoneケースあったのでつけました

これでiPhoneと一緒です(`・ω・´)」

 

と、足にぐるぐるまきにしてある

iPhoneをケースを見せてくる

ちなみに柔らかいシリコンタイプのケースである

 

俺「(ツッコミどころが多すぎて渋滞してる…)」

 

俺「へいSiri!(おかゆさんの足に向かって)」

 

おかゆさん「トゥ、トゥトゥン」

 

俺「さっき言った順番で作業お願いしますね(笑)」

 

おかゆさん「あぁ〜」

 

俺「よし!異常なし!!」

職場にいる面白い人たちや会話

職場にいる個性豊かな同僚たちとの

印象的な会話やほのぼのする出来事を

忘れないように書いていこうと思います

意識低いので不定期かつ忘れるかもしれないですが。

報告する

コメント

  1. おかゆさん面白い人ですね hikuine
    Aさんはうざい後輩ごっこなのかホントにアレなのか。。 :wacko:

  2. え〜な〜
    基本1人で仕事してるから
    ワイワイできる職場うらやまちい :good:

  3. @ミエノチェリー 
    Aは可愛がりすぎて生意気になったんですが
    それでも、可愛いです笑

    @じろう 
    メリットもあるけどデメリットもあるからなー

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧