初めてズル休みをした話

はじめに

少し病んだ文章が苦手な方はブラウザバック推奨です。

ほんへん

 母親に仮病使って休みました。理由は今まで仲の良かった友達全員が僕のことが嫌いと知り、精神が病んだからです。もう誰にも相談出来ませんでした。

 すぐに仮病なんかバレて自分の部屋に篭りました。母親はめちゃくちゃ僕の愚痴を起きてきた父親に言っていました。やっぱり親も僕の敵なんだって分かりました。その後親は僕のことを慰めるような感じで接してきました。あの友人だった人たちと同じです。今の僕にとってはただただ恐怖でした。もう何も信じれなくなりそうでした。

 

 

 親は共働きなので日中は1人でした。親が出ていくと同時に泣き出しました。もう信頼できる人がいない、誰も僕の味方なんていない、そう思うほど涙が出てきました。しかし涙はストレスを抑える効果があるので一日中は泣いてしませんでした。3時間くらいで収まりました。それ以外の時間は勉強や趣味の音ゲーをしていました。勉強といっても教科書の今日習ったであろう部分を読んでその下の練習問題を解いただけですが。

 音ゲーは勉強や、恋愛、友人などの人間関係と違い、頑張れば頑張った分だけ『リザルト』が良くなるので誰も信じられないと思っている自分にはぴったりでした。

 

 明日は学校です。そして金曜日です。明日学校に行けば2日間の休息を貰えます。頑張ってきます。

ちなみに

 こんな短い文章でしたが、実際は2時間かけて書いたやつの下書きが消えて萎えてこうなりました。

 

 消えた部分の内容も、もしかしたらガブログで上がるかもしれません。

報告する

コメント

  1. @退屈男 優しいお言葉ありがとうございます
    そういうものと割り切ったら案外楽になれましたよ

  2. 昔の人はいいました、涙の数だけ強くなれると juyo
    ところでキャプチャーボードのその後はどうしたん

  3. 学生の時の友人ってのは一時的なモノでそこに無理に執着・依存するべきじゃない。
    そこで一生の友人を作るような人も居るけど……そこで合う人より社会に出てから合う人間の方が多いのだから。
    それだけの事があっても勉強出来る活力があるのが偉い buhin

  4. 3時間泣けて
    音ゲーする余裕すらあるならまだ全然大丈夫だと思いますよ
    若いからいくらでもやり直せます
    全て自分次第ですが

  5. @う゛ぁ 
    ゲーム配信とかは大学行ったらするから待ってくれー行けるかわからんけど juyo

    @ろくでなし003 
    おっしゃる通りですね。今の知り合いに固執する必要なんてありませんね。
    勉強しないと更に置いていかれるので……

    @たろす 
    そうですね。頑張ればいくらでもやり直せますね! 今できることから少しずつやってみます!

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧