個人的に好きなコナン映画を意識低く紹介

個人的に好きなコナン映画を意識低く紹介

第3位。世紀末の魔術師

犯人が怖い

洞窟内でナイフを抜いて歩き出すシーンが鳥肌もの

僕なら絶対に洞窟には入らない

 

そして鳩を助けてくれたお礼に

キッドが蘭とコナンの前に

新一の変装をして現れて消えていくのがおされ

第2位。ベイカー街の亡霊

19世期末のロンドンがとりあえず好き

2002年の映画なのに

VR先取りしちゃってる

 

人間凶器の蘭姉ちゃんの蹴りを

普通に躱す敵が現れて戦慄した

第1位。瞳の中の暗殺者

とにかく犯人が怖い

トイレを停電させて

懐中電灯をわざともたせて

その先に犯人がいるという恐怖に

しばらくトイレ行くのが怖かった

 

そしていつも身近に黒幕がいたというのが怖い

番外編。水平線上の陰謀

小五郎のおっちゃんが

コナンを越えてしまった作品

 

あなたに目をつけられたのが運の尽きね

的なことを言う犯人に

 

ちげぇよ…あんたがあいつに似てたから

犯人じゃなきゃいいと思ってアリバイを探していたんだ

 

的なおっちゃんのセリフが洋画みたいでおされ

結論

最近のコナン映画は

犯人が怖くなくて面白くない

犯人の怖さ=面白さ

が個人的な判断基準になってるかもしれない

報告する

コメント

  1. コナン見たくなった
    アマプラにあるかなー takuan

  2. @ハナスケ 
    映画はないんじゃないですかね

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧