ラブライブ!の今後について‥

ラブライブ!の今後について‥

新シリーズ!?!?!

1/18,19で開催されたラブライブ!フェス!

8年前からこの作品を追っていた僕ももちろん参加しました。

 

素直な感想を言うと当然、素晴らしい時間でありました。

約3年9ヶ月の時を経て集結したμ’s。

finalの時は僕もまだ学生でしたが、ほんとうにあの頃に戻ったような気がしました。

 

そして2日目の最後に速報がありましたね。

なんと新プロジェクト!?

詳細は1/30発売のラブライブ!総合マガジンにて

とのことでしたが謎を生む終わり方となってしまいましたね。

 

新プロジェクトとはなんでしょうか。

 

μ’sによる新しい活動?

Aqoursによる新しい活動?

虹学による新しい活動?

 

それかまさかの

新シリーズ始動?

 

様々な憶測が飛び交っていますね。

僕個人としては

μ’sによる全国ファンミーティングなどを希望しますが

Aqoursの桜内梨子役の相田さんはTwitterにて

「陰ながら見守りつつ」

と新プロジェクトについて言及しており

新シリーズを匂わせる発言をしていますね(笑)

 

まあ単純に今回のフェスで認知度を上げた虹学による

新プロジェクトとも受け取れますが少し気になる言い回しでしたね^^;

 

相田さんはよくこういうことをポロッと言っちゃうので危ない…笑

 

虹学もやっと軌道に乗ったような感覚ですし

是非虹学によるファンミやライブツアーなどであって欲しいですね(^^)/

 

そして少し話は変わりますが

今回のフェスについてセトリやライブ構造については賛否が分かれていますね。

 

SONNY DAY SONG をやらなかった

 

この事実が賛否を分ける大きな要因なのかなと個人的には思ってます

きっと誰もが期待をしていた曲なだけにその反動は大きかったでしょう。

 

それ以前にライブにおけるグループを跨いだキャストの交流も特になく

グループを目まぐるしく入れ替えながらのセトリでもなく

1グループ1グループを区切った構成で

どことなく寂しさが残った印象ではあります。

曲数もラブライブにしては少なかったですね。

 

μ’sがいたから良かった

 

というμ’sによる補正はかなり大きかったのかもしれない。

と一夜明けた今少し思うところがあります。

 

まあでも素晴らしい時間であったことに変わりはなく

僕自身も行ってよかったと思える最高なLIVEでした。

 

29人というキャスト人数と

業界における彼女達個人個人の今の活動からして

全員揃ってのリハなんてものはきっとできなかったでしょう。

そう考えると

 

限られた時間で精一杯輝くスクールアイドル

 

という穂乃果ちゃんの言葉通り

出来る限り最高の形をとったライブだったのかもしれませんね(^_^)

無理してキャストが体調壊すようなことがあれば本末転倒ですからね。

 

μ’sがきてくれた。

AqoursとSaint Snowがこの瞬間までのラブライブを繋いでくれた。

そして虹学がまたそのバトンを受け取る用意をしている。

 

このことがわかっただけで僕は満足ですし

今後もラブライブというプロジェクトを応援していきたいと思うことができました。

 

今はその気持ちだけで十分なのです。

 

また一層、ラブライブから目が離せられなくなりましたね😁

 

1/30の総合マガジンが楽しみだ!

 

 

2020.01.20

 

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧