恋愛とすら呼べない恋愛

残酷な優しさ

こんな自分ですが、

いま、会社の先輩に絶賛片思い中なのです。。

 

自分が社内で魂の抜けたような日々を送っているのを気に留めてくれた先輩で

その時はLINEで連絡してしてくれました。

「元気?」って

仕事を辞めると報告したら、めちゃくちゃ引き留めてくれて、残念がってくれました。

 

そして最後には、「また飯とかいつでも誘ってよ。自分から誘うとまたなんか周りから言われるから。平日以外でもいいよ。」って。

 

その優しさが、【仕事の先輩】としての優しさだということはわかってはいますが。。

そんな風に優しくされたら、どうしても自分の心の中にその人が留まってしまう。。

 

それが果たしてどういう影響をもたらすか

自分では分かっているからこその複雑な気持ちがそこにはありました。

 

 

※写真は出先で先輩と一緒に食べたつるとんたん。

2人とも初入店で、食べる前はテンション大だったけど、正直味は期待以下だったことは秘密。。

鵜呑みにするバカ

その後、先輩を休みの日にご飯に誘いました。

その時はOKしてくれて、早く休みにならないかなぁと楽しみに平日を頑張って過ごしました。

 

そして金曜日の夜。。

ついに明日だと楽しみな気持ちを抑えられないまま、普段なら絶対しない仕事終わりに会社の人とご飯を食べていると。。

 

「明日会社の会議だから無理だ!ごめん」

とその人から連絡が。。。

 

 

この、時間が一瞬止まる?

心臓が一瞬止まる感じ。

ああ、これ、今回が初めてじゃないなと思いました。

 

毎回、おんなじなんですよね。

自分は、1人の人間に過信…期待しすぎなんですよ。

 

多くの人間と関わってないからこそ、

一個人の優しさにとてつもなく理想と期待を抱いてしまう。

その人のことを神のように崇めてしまう。

 

だから、この一瞬の出来事で、

自分の中の夢と期待と理想が崩壊する。

一気に現実が目の前に降りかかる。

 

 

やっぱり自分は、誰からも好かれない、

相手にされない人間なんだ。

あの時優しくしてくれたのは、その時たまたま機嫌が良くて、そういうコンディションだったんだ。

 

一言一句、ヒトの言葉を鵜呑みにして、期待してると自分が痛い目みるのに。。

 

純粋な腐敗物

自分はバカなぐらい純粋でピュアなんだと思うと反吐が出る。

 

 

こんなに重苦しい人間を好きになってくれる人なんて、いないだろうなと思う。

 

 

あれ以降先輩からの連絡はなくて、会社でも一切の関わりはないけれど、

また連絡してくれるんじゃないかとか、まだ期待してるバカな自分がいて、そんな自分に情けなくて同情する毎日。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧