もはや米とかそうゆう次元では無い

もはや米とかそうゆう次元では無い

「まだ気持ちの整理がつかないんだ」

 

僕はテーブルの上にあるミネラルウォーターを飲み干し、反射的に手の甲で口を拭いた。

 

「君はこれからどうするつもりだい?」

 

君は心配するような目で言った。

 

「まぁ私には関係ないことかもしれないけれど、一応、ね」

 

「知恵袋で誰が言ってた、少しずつ洗い落として、いっぱい熱湯注げ、そしていっぱい日に当てろ」

 

と僕は言った。

 

もう2週間も前のことになる。最後に炊飯器を使ってから。あらゆるものが通り過ぎ、色褪せ、古い夢へと形を変えていった。

 

米を炊きすぎたことや、残った米を放置し続けたことに後悔しているわけでもないし、反省するつもりもない。

ただ、生き急いでいたのかもしれない。命の限りに鳴き続ける蝉のように。 

 

 

やれやれ、そう心の中で呟いて釜に熱湯を注ぐ。そしていったいどれだけ日光に当てれば足りるのか、と思う。

報告する

コメント

  1. まさかのSS

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧