【野球】中日2軍打撃コーチに川又米利氏が就任 元選手会長 1415試合 .266 74本 364打点 23盗塁

1:2019/11/07(木) 06:34:16.87ID:h89r4L3O9 中日の2軍打撃コーチにOBの川又米利氏(59=野球評論家)が就任することが6日、分かった。

竜の元選手会長が、強竜打線復活を掲げる与田監督を支える。

川又氏は78年にドラフト外で中日に入団。現役時代は85〜87年に外野手などで規定打席に到達。
その後は、左の代打として勝負強い打撃で存在感を見せた。97年の現役引退後は02〜04年に1、2軍で打撃コーチ、12年にも2軍打撃コーチを務めるなど指導経験は豊富だ。
中日は打撃力アップが課題で、川又氏は若竜を鍛え上げ、戦力を底上げすることが使命となる。

現役時代は、仁村新2軍監督がキャプテン、川又氏が選手会長としてナインをけん引。
当時現役選手だった与田監督とも親交が深い。来季スタッフが確定していなかった中日だが、最後のピースが埋まり、近日中に新スタッフが正式発表される。

◆川又米利(かわまた・よねとし)1960年(昭35)8月4日生まれ、東京都出身。
早実から78年ドラフト外で中日入団。左の好打者として活躍し、85年から5年連続で100試合以上に出場。
後年は代打に転じ、代打本塁打16本は球団最多タイ。97年引退。
通算1415試合、771安打、74本塁打、364打点、打率2割6分6厘。左投げ左打ち。引退後は中日コーチや野球評論家として活動した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-11061126-nksports-base
11/7(木) 5:00配信

https://bunshun.ismcdn.jp/mwimgs/2/e/1500wm/img_2e41c01d75a77c89b59e9b7c6770c477754128.jpg
https://c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp/img/article/000/162/746/2a14dbc016423747eaf4a1efcc7f89aa20150815131507509_262_262.jpg

http://npb.jp/bis/players/01303848.html
成績

https://www.youtube.com/watch?v=FLYrNqAY6sk
3回裏 ドラゴンズの攻撃 仁村弟 川又 中村武士 1988年10月7日ナゴヤ球場 星野仙一初優勝試合

https://www.youtube.com/watch?v=wK1KXDnfBno
中日ドラゴンズ チャンステーマ3 (川又)

56:2019/11/07(木) 12:00:13.57ID:r7f8FV4T0

随分コーチ人事待たせて結局川又だから有力どころは色々と断られたんだろう

7 2019/11/07(木) 06:55:05.77ID:MdzCfpIA0

ライト川又、レフト大豊の守備陣は、今でもどこの球団も越えられないw

57:2019/11/07(木) 12:35:03.60ID:zRZMqwc20

>>7
この両翼に加えセンターに本来ライトのライアル(91年星野体制末期)
レフト大豊、センター山崎武、ライト川又(93年4月のパウエル故障離脱時)なんて恐ろしい布陣もあった
しかし内野は一塁落合は動きは良くないが下手ではないし、二遊間は立浪と種田がいたので、総合力でいえば大ちゃんスファイナルフォーメーションよりは・・・
一塁コックス(ひざぶっ壊れ)
二塁村田(古木と併用するため二塁起用)
三塁古木(言わずと知れた古木あーっと)
遊撃内川(顎の故障で送球不安※)
左翼鈴木尚(弱肩拙守)
中堅金城(唯一の名手)
右翼T・ウッズ(コックスと併用のため)
石井が再調整で登録抹消になっていた時期、サードが古木ではなく小川の時は幾分マシだったw
※その後、送球不安は顎が曲がって神経を圧迫し、その影響で右手に力が伝わらず握力が低下したのが原因と判明

28:2019/11/07(木) 07:55:20.91ID:jyTUM1K80

二十年近くやって700安打w

3:2019/11/07(木) 06:40:59.96ID:Bxt7pyhn0

中京テレビのイメージがあるわぁ……

27:2019/11/07(木) 07:54:05.53ID:kI6O9tPf0

川又の応援歌はウルトラマン

8:2019/11/07(木) 06:56:12.36ID:k/wJid6h0

中日の解説陣が辛気くさくなってくな
来期の解説者でのこってるのって今中立浪木俣山崎谷繁とかだろ
川上と山田さんくらいしかポジティブなこと言わなそう

44 2019/11/07(木) 09:55:23.56ID:V/aYVO8A0

川又って、星野に嫌われてレギュラーになれず、代打の切り札になった印象があるな〜
ずっと先発起用なら、かなりの打撃成績になったと思う・・・

49:2019/11/07(木) 10:32:10.34ID:CS2+cvxh0

>>44
嫌われてたんじゃなく守備が極めてひどかったからだぞ
パならDHで活躍できたかもだが

7:2019/11/07(木) 06:55:05.77ID:MdzCfpIA0

ライト川又、レフト大豊の守備陣は、今でもどこの球団も越えられないw

66:2019/11/08(金) 05:14:26.38ID:CnHNssq20

不動の右翼手 川又軍二

65 2019/11/08(金) 04:56:11.68ID:lVlSdlc50

井端が本人目の前にして川又さんにバッティングフォームくしゃくしゃにされたって笑ってたな

74:2019/11/08(金) 10:52:05.88ID:2SJO+WMR0

>>65
暗黒守道時代のバッティングコーチ

65:2019/11/08(金) 04:56:11.68ID:lVlSdlc50

井端が本人目の前にして川又さんにバッティングフォームくしゃくしゃにされたって笑ってたな

1 2019/11/07(木) 06:34:16.87ID:h89r4L3O9

中日の2軍打撃コーチにOBの川又米利氏(59=野球評論家)が就任することが6日、分かった。

竜の元選手会長が、強竜打線復活を掲げる与田監督を支える。

川又氏は78年にドラフト外で中日に入団。現役時代は85〜87年に外野手などで規定打席に到達。
その後は、左の代打として勝負強い打撃で存在感を見せた。97年の現役引退後は02〜04年に1、2軍で打撃コーチ、12年にも2軍打撃コーチを務めるなど指導経験は豊富だ。
中日は打撃力アップが課題で、川又氏は若竜を鍛え上げ、戦力を底上げすることが使命となる。

現役時代は、仁村新2軍監督がキャプテン、川又氏が選手会長としてナインをけん引。
当時現役選手だった与田監督とも親交が深い。来季スタッフが確定していなかった中日だが、最後のピースが埋まり、近日中に新スタッフが正式発表される。

◆川又米利(かわまた・よねとし)1960年(昭35)8月4日生まれ、東京都出身。
早実から78年ドラフト外で中日入団。左の好打者として活躍し、85年から5年連続で100試合以上に出場。
後年は代打に転じ、代打本塁打16本は球団最多タイ。97年引退。
通算1415試合、771安打、74本塁打、364打点、打率2割6分6厘。左投げ左打ち。引退後は中日コーチや野球評論家として活動した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-11061126-nksports-base
11/7(木) 5:00配信


http://npb.jp/bis/players/01303848.html
成績

https://www.youtube.com/watch?v=FLYrNqAY6sk
3回裏 ドラゴンズの攻撃 仁村弟 川又 中村武士 1988年10月7日ナゴヤ球場 星野仙一初優勝試合

https://www.youtube.com/watch?v=wK1KXDnfBno
中日ドラゴンズ チャンステーマ3 (川又)

62:2019/11/07(木) 21:28:33.13ID:HREyDmt30

>>1
予想通り

12:2019/11/07(木) 07:22:43.35ID:BLLUfK0L0

人は悪くなさそうだけど、中京TVの時の口下手な印象があるんで、大丈夫かな。

72:2019/11/08(金) 10:46:21.27ID:2SJO+WMR0

川又さんは忌野清志郎と仲良かったんだよな。
それが縁だと思うか忌野はドラゴンズファンを公言してた。
中京テレビのドラ番組のオープニングで、忌野さんがドラゴンズの半被着ておちゃらけてる姿が毎週放送されてた。
中京テレビの扱いが軽かったせいもあるのか、忌野は川又さんが引退後、自分は川又さんのファンでドラゴンズのファンではないと言って、ドラファンを辞めてしまった。

2 2019/11/07(木) 06:37:19.30ID:uEfmLUs90

現役時代のニックネーム 軍二

63:2019/11/07(木) 22:06:01.81ID:5O1F8EzI0

>>2
パンツ一丁(´・ω・`)

created by melloblo

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧