だっけぇ、俺があの美人を落とすっつってんだろうがや!

友人1との会話

「お前のクラスにめっちゃかわいいこいるな」

「あー。高松さんね。なに?惚れた? 」

「惚れた!」

「高松さんは戸田のだよ」

「そうなんか。まあ、もって一か月だろう」

友人2との会話

「戸田と高松さん別れたってよ」

「よっしゃ。よろっとじゃねえかと思ってたんだよ! 」

「動くなら早いほうがいいんじゃないか」

「だっけさ。メアドきいてくる! 」

 

高松さんとの会話

「高松さん、メアド教えてください」

「うん。携帯あっちだから待ってて」

 

 

 

「ありがとう!今日、メールするわ!」

「わかった」

友人たちとの会話

「おい、メアド聴けたか!」

「きけたきけた!」

「マジか!胴上げだ!胴上げだ!わーっしょい!わーっしょい!わーっしょい!」

「あっはっはっは!絶対高松さんと良い仲になってみせるぜ、俺は!」

 

高松さんの友人との会話

「さくちゃんのこと好きなの?」

「んああ、好き好き」

「へー!この前胴上げされてたよね」

「メアド交換してもらえたっけな」

「さくちゃんのどこが好きなの? 」

「容姿!」

「あっはっはっは!直球だね」

「中身なんてまだ知らんからな」

「さくちゃん、意外とちょろいと思うよ」

友人1との会話

「あれ、さくちゃんじゃね?」

「ちげぇろう」

「いや、そうだわ。よく見ろや」

「あっ、ほんだ。俺、さくちゃんと帰るわ」

「マジか、お前。話せんの? 」

「知らんね」

高松さんとの会話

「高松さん!」

「わっ。びっくりした。どうしたの?」

「いや、あの、一緒に帰りたいなと思いまして」

「そっか。でも駅までだね」

「そうだね。 高松さんは私服でくんだね」

「うん。久保井くんはいっつも学ランだね」

「どうも朝、服を選ぶのがめんどうでねぇ」

「でも、私が見たいって言ったら? 」

報告する

コメント

  1. 続き気になる juyo

  2. つづきはいつかな……?

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧