フィッシング詐欺

フィッシング詐欺に引っ掛かりました。

 

Kindleで電子書籍を買ったけどダウンロードに失敗して何度も再試行

↓Amazonを名乗るメールが「不正アクセスを関知してアカウントをロックしました。本人確認をしてください」と。

こんなタイミングだったので、ダウンロードを何度もしたのが不正アクセスと疑われたのだと思ってしまった。

↓送信元アドレスがYouTubeなのを不審に思いつつ、GoogleがYouTubeを傘下に入れたことと混同して、そういうこともあるのかなと思ってしまった。

↓本人確認といいつつ、クレジットカード裏のセキュリティコードまで入力させるのは不審に思いつつ、「変なの」と思いながら入力してしまった。

↓「本人確認」をしたはずなのに、Amazonにログインできない、該当のアカウントはないと言われる

↓アマゾンとクレジットカード会社に連絡「フィッシング詐欺に引っ掛かったかもしれない」

↓カード会社から返事「もし心配なら電話してください」

→たまたま忙しくて電話できないまま3日放置

↓3日後、カード会社から電話「この取引に心当たりはありますか?」→全然知らない

↓「最後の取引は~~で合ってますか?」→エロ購入履歴を見られてしまう

 

それにしても、海外の通販を使ったときも何も言われなかったのに、

今回は何を判断基準にしてか「不審な取引」を正しく判別して連絡してくれるなんて

信販会社は凄い

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧