【雑誌】ヤング・ギター 時代に応え創刊50年 ギター好きの必読書

1:2019/10/07(月) 06:41:06.91ID:c46TcOe89 http://www.tokyo-np.co.jp/article/entertainment/news/images/PK2019100602100132_size0.jpg
創刊号(右上)から今年7月の50周年特別増大号(右下)まで、その時々の表紙をあしらったページ

 ギター専門の月刊誌「ヤング・ギター」(YG、シンコーミュージック・エンタテイメント刊)が今年、創刊五十周年を迎えた。洋楽ロックを中心に扱って久しいが、ギターが世の中に浸透してきた一九六〇年代、時代のニーズに合わせるように誕生し、その時々のギター事情を伝えてきた。プロのギタリストも注目するYGのこれまで、そしてこれからは−。 (山岸利行)

 初心者向け、中・上級者向けなど、さまざまなギター誌がある中で、YGはある程度の腕前の読者を対象にしてきた。出版不況、趣味の多様化などにより、休刊や廃刊に追い込まれるギター誌もある中、YGはロックギターのトレンドを網羅してきた。

 とはいえ、一九六九年五月の創刊号には「ブルー・ライト・ヨコハマ」(いしだあゆみ)、「年上の女(ひと)」(森進一)など、当時の流行歌の譜面とともにギターのコード進行表が掲載されており、意外性も感じられる。

 コード進行表がついたこうした譜面こそ、YGの売り物。「譜面を正確に載せることを最優先に考えている。ギターを弾く際の実用書なのです」と上田慎也編集長(46)。七〇年代のフォーク全盛時代は、吉田拓郎、井上陽水、かぐや姫といった国内アーティストを取り上げることが多かったが、七八年に米国のロックバンド、ヴァン・ヘイレンが登場したことで編集の在り方が変わった。

◆ヴァン・ヘイレン登場で刷新

 「(ギタリストのエドワード・ヴァン・ヘイレンの)そのエレキは衝撃的。どうやって弾いているのかわからなかった」という。華麗でしびれるような、その「ライトハンド奏法」という弾き方が広まり、八〇年代以降のYGはハードロックやヘビーメタル系が中心となった。複雑な演奏の場合、アーティスト本人に弾いてもらい、それをビデオ収録。そこから譜面化したという。

 その後ニーズも変わってきているという。「八〇〜九〇年代前半はコピーの時代で、いかに似せるかを楽しんでいたが、今はオリジナリティーを求める時代。ギターの技術を向上させたいのはみんな同じで、その中でどうやってYGとしての特異性を出していくかが大切」と上田編集長。五十年続いてきた理由を「時代のニーズに応えてきたからではないか」と分析するが、アーティスト自身がユーチューブなどで演奏方法を公開していることには「太刀打ちできない」と断言。「われわれとしては、ギターがうまくなりたい人のための企画をこれからも考えていきたい」

>>2以降に続きます

2019年10月6日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/entertainment/news/CK2019100602000171.html

105:2019/10/07(月) 09:58:09.12ID:lJS+FMVN0

加川良「フォーク・シンガー」
ヤングギターをディスる曲

12 2019/10/07(月) 06:51:17.12ID:CDym7Etx0

ジョージ・リンチとイングヴェイの雑誌ってイメージかな
あとポール・ギルバートかな

43:2019/10/07(月) 07:40:46.63ID:PG9n0Ue40

>>12
100%イングヴェイマルムスティーンて増刊持ってた

14:2019/10/07(月) 06:54:24.14ID:HId1fRXA0

昔ぴゅ

36:2019/10/07(月) 07:29:32.63ID:yCcD/I6R0

あの頃のヤングは今

116:2019/10/07(月) 10:13:55.21ID:oXK7Gcsr0

シティポップブームと同じように海外のマニアが買ってるらしい

54:2019/10/07(月) 08:36:12.34ID:kr9ZOItc0

ジェフベックのライブによく出てくるベースの笑顔が可愛い女の子は有名なの?

107:2019/10/07(月) 09:58:47.67ID:+Fv5/hvH0

BABYMETALは楽しいなぁ♪
超絶神バンドの音色がメンバーによって微妙に違う

ヤングギター出身者、大村は一発でわかる

241:2019/10/08(火) 01:30:00.93ID:H5uHOU2D0

ヴァン・ヘイレンがOU812ツアーで来日したときニュースステーションに出演して
久米宏が誰かから吹き込まれたのかエディにライトハンド見せてと言ったら
エディが不思議そうな顔して右の手のひらを見せたシーンは最高だった

265 2019/10/08(火) 07:30:58.86ID:GSNcpxoY0

ギターマガジンの編集者が混じってるな
あんな薄っぺらなインタビューしか出来ないカスどもが

268:2019/10/08(火) 10:59:17.89ID:cOGccpsv0

>>265
わかる
あとあの編集、極左がまぎれ込んでる

34:2019/10/07(月) 07:20:58.45ID:RNm9f7Vu0

インペリテリ

45:2019/10/07(月) 07:43:04.03ID:azfNwZ6V0

YouTubeで昔の歌謡曲の映像見たらバックバンドが異常に上手かった

60:2019/10/07(月) 08:40:33.82ID:zT64qYIc0

クラレンスホワイトの特集号ってあった?

191:2019/10/07(月) 14:05:22.95ID:u9o/uu6o0

近年はメタル・ハードロック系に特化してるよね。他ジャンルのギターリスト貶す感じがいやで一切購読しなくなったなぁ、メタルも好きなんだがなぁ、

233:2019/10/07(月) 20:10:20.74ID:OhxOlV3I0

つーか耳コピもしろよw

88:2019/10/07(月) 09:36:14.74ID:HSyX05sD0

時代に応え廃刊でいいよ

90:2019/10/07(月) 09:37:56.82ID:HSyX05sD0

盆栽世界とかと同じ類いの老人向け雑誌だろ?

279:2019/10/08(火) 16:11:28.67ID:ltkjiQwg0

ヤングギターというかピロピロマガジン
Dreamtheater特集の時は、スコアが長いから少し厚めになるw

194:2019/10/07(月) 14:16:25.99ID:qOI2gdaS0

メタル・ハードロック寄りだけどテクニックのなさそうなアーティストはほとんど無視されてたな早弾き全盛期は
スラッシュメタルもリフがちょこっと取り上げられるぐらい

created by melloblo

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧