ニキシー管時計つくるよ2

ニキシー管時計つくるよ2

ボルトで固定

上基盤&下基盤をボルトで固定していく

 

あとはアクリルケースを被せるだけ

高電圧らしくアクリルケース着用必須らしい

点灯

待望の点灯

 

ここで不具合がわかればさっきまで延々とはんだ付けした物をハンダ吸い取り線で吸い取ってニキシー管を外して交換したり、どこがいけないのか調べるという拷問が待っている事になる

 

結果はバッチリ点灯

独り言ほぼほぼ言わないワイだったがこの時ばかりはよっしゃぁ…と声が出たで

久しぶりにこんな達成感味わったわ

あとはだいたいおまけ

後やることといえば時間調整くらい

 

素人に毛が生えた程度のわいでも完成させる事ができた(ちょっと高かったけど勿論最初から完成済みのも売ってる)

愛着が湧くかなとおもってキットを頼んだんや

 

ただニッパーが無かったので後日用意していらない線を切ろうと思う

 

 

ニキシー管固定していたダンボールを被せる

 

長々と書いたけど見てくれた人サンガツ

 

シュタゲまた見たくなってしまったわ

 

Amazon以外でもニキシー管取り扱っているサイトがちらほらあるから気になった人は探してみてクレメンス

 

やっぱ…ニキシー管を最高やな!!

報告する

コメント

  1. ダイバージェンスメーターをシュタゲで見て以来ぼんやりと憧れてたけど、まさかこんな代物とは、、、!!
    意外とレア物なんすねぇ、、

  2. おつやで!
    めちゃくちゃキレイやなぁ
    存在自体知らんかったで
    被せるものが段ボールじゃなければかなりおシャンやな

  3. @W-TANG シュタゲからニキシー管知った人はやっぱり多いよね

    せやねぇ、今作ってる所がほぼないって聞くとロストテクノロジー的な風に思ってしまうで 

  4. @茶豆珈琲 ニキシー管の良さをちょっとでもわかってもらえて嬉しいで
    意識の低さポイントを稼いでしまったな….

  5. 最高

  6. b

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧