自分と夏の終わり

夏の終わり

そう言えば夏っぽいこと全くしてないな、と思った

8月31日の日付に変わった頃
「今日でもう8月終わるってマジ?」「早すぎるだろ」「同じ夏は二度と来ないんやで」とか何とか言いながらネ友と3人でテキトーにだべっていた

朝まで通話して、テキトーに寝て、夕方に起きて遅すぎる朝食を摂っていた時、ふとネ友との会話を思い出し、“せっかくだしなんかやりたいな” と考えた

海で花火をした

ゆっくり風呂に浸かった後、テキトーに用意をして家を出た

近所のドン・キホーテで花火と菓子を買って、さて、どこでやろうかな と怒られなさそうな場所を探して歩き始めた

初めは近くの公園へ寄ってみた
しかし酒屋の近くだからなのか、ベンチで呑んでるお兄さんお姉さん達がいて、何となく居心地の悪さを感じた自分は、逃げるように公園を横切った

だがその次に行った公園も、次の次に行った公園もやたら人が多かった
調べてみると、“音楽と髭達”の開催日が今日だったらしい
一応繁華街に位置するこの辺りは、金曜日という事もあって中々の賑わいを見せていた

暫く歩き続けていると海の近くまで来ていたので、海岸で花火って何かエモいなと思い、そこへ向かうことにした

辺りには誰もいなかった
菓子を食べながら安物の花火を一人でボケーッとやっていたが、正直つまらなかった
むしろ虚しかった
ただ寂寥感に浸るのは好きなので まぁ悪くは無いかな、とも思ったりした

本音

本当は全部嘘だった
花火とかどうでもよかった
セッ〇スがしたかった
夏の終わりにセッ〇スがしたかった
今年こそ素人童貞を卒業したかった
ナンパしようとしたけど声をかけられなかった
ヘタレだった
何かもうどうでも良くなって客引きのババアに捕まってマッサージ行った
内緒のサービスとか言って手でシてもらった
イケなかった
11000円払った
虚しさでいっぱいだった

終わり

報告する

コメント

  1. 土曜日です……

  2. なんか、最後で夏虚しさと、手コキの虚しさで、最上級に虚しくなったわ。

  3. @そくべ 書いてる時虚しさに押しつぶされてこっそり泣いちゃった

  4. 最後の全部嘘だったは全童貞の叫びですわ

  5. キニ速に出てた、ヌキありの移動式パン屋さん一緒に探しましょう

  6. @あいあい マジでどうやってエッチするかしか考えられなくなる

  7. @気にしないさ あれほんま笑った あったらいいな……

  8. あったら最高ですね

    あの人とお会いするのが私の夢の一つです
    きっと叶えてみせるさ

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧