深夜の飯テロレビュー

深夜の飯テロレビュー

先日一年振りに料理した

お盆に一年振りにくらいに料理をしたワイ。

ゲームやるときくらいしか塩対応の弟がワイお手製のオムライスを食べボソッと「美味い」と言ってくれて久々に兄らしいことをしてニヤついたのであった。

社会的地位は最底辺だが、料理の腕は人並みにあるワイの飯テロが何の脈絡もなく始まるのであった……

ちなみにヒモスキルは高いと思うので専業主夫になりたい。内縁の夫で。

サムネの写真は実写版ドラクエのスライム。

かぼちゃとさつまいものタルト

大学に入った頃に 作った乙女心溢れる秋のフレーバータルト。

高校時代に好きな女の子に苺タルト焼いて以来使っていなかったタルトの型を使って作ったやで。

最高の状態で好きな女の子に苺タルトをご馳走すべく、教室で実演調理する黒歴史を乗り越えて、独り身の大学生は悶々としながら芋臭いタルトを作り上げるのであった。

さつまいもフィリングとかぼちゃフィリングという手の込んだ2層構造で本格的なタルトを仕上げるも、振る舞う相手はおらず独りで貪るのであった。

ナスとオリーブとペペロンチーノ

東京に来る前に好きな女の子の手前カッコつけてジン飲むとかマティーニが好きだとほざいていたワイはマティーニ用にオリーブを買うも、下戸のためジンと共に大量に余らせてしまったので、ペペロンチーノとして処分した。

唐辛子は焦げない程度にカリカリにしてパスタと一緒に頬張ることで多幸感に包まれる一品。

勿論これも振る舞う相手はいないので独りで酒のアテにして食べた。

飲んだ酒はジンではなくビール。

酒の味は嫌いじゃないけど下戸なんや。

唐揚げ丼

卵が潰れて不格好だが味には自信アリの唐揚げ丼や。

調理中の写真は消したけど裸エプロンクッキングして太もも火傷した。

味の決め手はコチュジャンベースの甘辛ダレや。

数少ない自慢として、前職の同僚が遊びに来た際に唐揚げ2kgが10数分で消えた。

おかんはたくさん食べる君が好きやで。

関係ないけど前職はアパレルだ。

料理は好きなんだけど、残念ながら実家に家財道具を置きっぱなしにしているため調理器具も冷蔵庫もない。

なのでここ一年半くらいコンビニか外食で済ませている。

料理をしたい。そしておっぱいでくてちょっと性格キツめのお姉さんのヒモになりたい。

しかし、あと数年で30歳。
ヒモになりたいとか馬鹿なことを抜かすのはやめよう。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧