場末にて

場末にて

世の中にしょうもないことは数あれども、午前0時をまわって、がさつで嫌いな上司と場末のスナックにいることほど、しょうもないことはない。
しょうもない自慢話や説教や個人攻撃を、自分の貴重な時間を金をすりつぶしてまで聞くことにどんな意味があろう。
いろいろなところでずっとまえからずっと繰り返し続けているんだが、心の中では怒りと後悔と自己嫌悪がたまり続け、何ら改善することがない。
へらへら相手してる自分も自分だが、しょうもない3文芝居に気をよくしている低能もどうしようもない。
いつかツケを払わせてやると思いながらも、バカらしくて何もすることがないのも腹が立つな。
(´・ω・`)
この人当たりの悪さ?みたいなものは自分の弱さなのか、正当な権利なのか、それともなんか自分の人生を誰かに左右されることへの怒りみたいなものがつもりつもって怒っているのか。
まあ、まとまらないよね(´・ω・`) 。

報告する

コメント

  1. 「隙あらば自分語り」という言葉を上司という立場の人は憶えたほうがいいと思う

  2. さいですな。自分もだね(´・ω・`)。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧