沈むと分かってる船を作る

腹落ちしないまま賛成する

「心の底からくだらないと思うけど、皆がやるって言ってるから、俺も賛成って言っとくか…」

私の勤める会社、よくこれが起こってます。吐きそうなくらい。

皆さんの会社はどーですかー。

絶対売れないアプリを作る

私、自社のサービスとして、消費者向けのアプリケーションを今作ってます。

最初にその話聞いた時「うっわー、ぜってー売れねーよソレ」って思ったし、そう進言したんですが、それはもうすんごい重厚な承認手続きを経て、なぜか「作ってヨシ」って話になったんです。

私などミジンコが想像もできないような高尚なビジネスチャンスがあるのかな…なんて思いながらも、承認されちゃったので、短期間でしたが、社内のスゴ腕のプログラマーを集め、死ぬ気で作ったわけです。途中、2人くらい一回死んで、死んでも尚作り続けるくらいの、それはもう、いろんなドラマや苦労があったわけです。

そして今日、とにかくエライ人にアプリのデモを見せたんです。

エライ人「こんなの売れんの?俺ならいらねぇ」

とにかくエライ人はアプリケーションがどうこうじゃなくて、商品のコンセプトを否定しはじめました。

「俺ならいらねえ」モノをなんでGOサインだしたんだろうかコイツは…

と思ったのは内緒です。

たぶん、戦艦大和も同じだったんだろうな

とにかくエライ人がそうのたまった瞬間、「大日本帝国の戦艦大和もきっと同じような意思決定がなされて造船されたんだろーなー」って思いました。

「航空機による戦闘が主流になってきた時に、でっかい戦艦つくんのか?いい的にされんぜ?」って思いながらも、「さんせー」って言っちゃった人がたくさんいたんだろうなー…と、予想します。
※ 実際のところは知りませんけどw

0.2秒考えたら負けると分かってるのに、場の空気とか、もしかしたら誰かがナイスな何かを思いついていいものになるかも?

てな感じで、流されちゃうんでしょうね。その結果、主砲は一度も命中することなく、船は沈むわけです。

10人いるうちの2人とか3人がそういう緩い考えならまだしも、たぶん、今回の私のアプリは10人中10人が、「売れる気しねえけど、俺じゃない誰かがうまいことやんだろ…知らんけど」ってノリだったんだろうなー。

決裁権を持つ人間がこんな姿勢の会社ってクソだ。終わってる。

でも、一番のゴミクズは私

沈むと確信しているのに、先頭に立って設計し、真剣に造船を指揮する私が、一番ゴミクズだということに気がついたとさ。

最初は猛反対したんだけど、私も結局流されたので、とにかくエライ豚野郎と私も同罪です。

沈んだ時にA級戦犯にされないよう、バレないように、こっそりしておこうと思います。

私、ただのサラリーマンだからドラマみたいな逆転を企むとかもないっすよ。そういうのはちょっと無理なんでw

おしまい。

報告する

コメント

  1. そんなこと考えるなんてマジメだねぇ。お給料もらえたらそれでいいじゃないか。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧