アラスカ旅行記 第3部

アラスカ旅行記 第3部

鉄道降車後

何か周りにあると期待はしてなかったけども、この写真の駅以外周りは本当に何もなかった。
周りの人達がどんどんそれぞれの宿行きのシャトルバスに乗っていなくなる中ワイら一行取り残されてここで野宿しなきゃいけないんじゃないかってめちゃくちゃ不安やったわ、、、

シャトルバス

降車後40分くらい待ってようやくワイらが泊まるホテルのシャトルバスが来たんや。
運ちゃんは元ヤンみたいな感じのぶっきらぼうなヤツだったわ。
とりあえず野宿しなくて済んだからホッと一息ついてホテルに向かったわ。

デナリキャビンズ

こんな感じのログハウス調のバンガローみたいなヤツがたくさんあったわ。

ネット予約だったし、旅行代理店とかの後ろ盾がなかったから無事予約できてるか不安やったけど杞憂に済んでよかったわ。

内装

ベッドは2つ、メンバーは3人、、、男同士何も起きないはずはなく、、、、、

とかいうホモ展開は無く初夜はワイがベッドに寝転んでたらそのまま寝落ちしてもうて、ベッド1つ占領してトッモ2人がもう1つのベッドにひしめき合って寝てたから申し訳なかったわ。すまんかったな!!お陰でよく眠れたで!

宿周辺

野ウサギがおったわ。マジでカワヨかった。
心がぴょんぴょんしたわ。

深夜

早めに寝落ちしてもうたから、夜中目が覚めて一人で宿周辺徘徊してたわ。
焚き火する場所があったから一人でダークソウルごっこして「Bonfire Lit!!」とか言いながら消えかけの種火から薪に火を移してあったまってたわ。

ガキの頃ボーイスカウトしてたのと、ディスカバリーチャンネルのサバイバル生活のエドの動画見まくってた経験が活きたな!

明朝

こんな感じの高カロリー朝食。バイキング形式やったんやが、どれも高カロリーめでちょいシンドかったわ。

激しく塩っぱい謎のハンバーグと激甘デニッシュで舌と胃の中が狂ってしまったわ。

いざ、デナリ国立公園へ

ぶっきらぼうなシャトルバスの運ちゃんにチップ払いつつ、朝の6時半くらいにデナリ国立公園の入り口、Wilderness Access Centerに着いたわ。

Wilderness Access Center内

スタバがあったわ。日本国内やと、オシャレすぎてワイ一回も行ったことなかったんやが、アメリカやと結構いろんなとこにあるしめちゃカジュアルだからド陰キャワイでもニッコニコで頼めたわ。

いざ出陣

このバスに乗って往復12時間の地獄の旅が始まることになるとは誰もまだ予想もしていなかった、、、

長くなってしまったから、次は地獄の国立公園バスツアー編やわ!ほな、また。

報告する

コメント

  1. これは意識高い

  2. おー、まってたぜー。
    野うさぎとか、動物を見ると日本じゃねぇなと、写真からも感じれる。

  3. @はじまりはいつも雨。 
    場所が場所だけに意識たかそうな写真ばっかになるのはすまんやで、、

    @逝きだおれ 
    犬猫鳥イノシシ以外の野生動物見たのってこれが初めてやったわ。
    意外と野生動物ってレアなんやなって思ったわ

  4. 待ってた!
    アラスカとか行くのめっちゃ大変なイメージだけど、読んでるとこんな旅がしたくなってくるわ…
    次回も楽しみにしてるよー

  5. 次回作はよ…

  6. @ハナスケ 
    若さにモノを言わせて無理できるのも今の内やしホンマいい経験したわ!
    思い立ったらスパッと「やろう!」って言ってくれるトッモのお陰や!

    @えず。 
    サンガツ!一日一部目標に更新していくやで!

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧