カオナシ的ファンの愛

カオナシ的ファンの愛

初ガブログ…ども…

いままで好きなアーティストやパフォーマーが居ても現地まで観に行く事は無かった。
ブラック勤めで行く暇も金も体力も無く、Twitterやインスタの公式の告知や現地に行ったファンの感想を見ては、いいなーと画面を指を咥えて観ることしか出来なかった。

けど転職して色々と余裕が出来て、最近は色んなライブに行けるようになって、それ自体は嬉しいし楽しいんだけれど、今までライブに行っていなかった分、古参ファン同士の馴れ合いやイベント特有のノリに付いていけず、いまいちノリきれない自分がいる。

多分現地に行く楽しさの一つにファン同士の交流もあるんだろうし、そういうのを羨ましいと思う自分もいる。

しかし、今まで他人のツイートを見たり「いいね」を送る専門で一切呟かないTwitterアカウントで「最近現場デビューしました!仲良くして下さい!」とか今更やるのも億劫だし、趣味の場で人間関係に気を使うのもなんかやだなぁと思ってしまう。
ライブに行かなかっただけで在宅ファン歴自体は長いワケだけど、現地特有のノリでなんか変にマウント取られるのもうっとうしい。

そんなわけで常にライブはぼっち参戦なわけですが、アーティストと交流できたり観客をいじるタイプのイベントだとぼっちは大体無視されるワケですよ。
そりゃアーティストは先生じゃないので、「こいつぼっちみたいだから仲良くしてやってくれ」と言う風にはならないわけで、むしろ、「こんだけファン同士が仲良くしてるのにぼっちっていじったらコイツやばそう…」ってなると思うんですよ。
他のファンも「何度か見掛けるけどコイツいつもぼっちだな…やばそう」ってなると思うんです。当然のリスクヘッジですね。

でも勘違いしないで欲しいのは、ぼっちはぼっちなりに楽しんだり喜んだり感動したりしているわけで、いまいちノリきれなくてもそこは、最低限のマナーを守って参加してさえいれば、どうかぼっちでも許して欲しい。
ノリが悪く見えてしまうのは申し訳ないが、空気を壊滅的に悪くしていないなら許して欲しい。
本当は生で観れてめっちゃテンション高まってるけど、上手く表せないし共感より一人で噛み締めてインプットしたいタイプもいるわけで、ライブ行ったけど呟かない=愛が足りないわけではないと思うんだ。
他のファンの感想を見て、「それな」って思うけど、先々の交流が面倒って思ってしまうだけで、別に「周りに阿ないワタシカコイイ!」とかは思ってないから、一方的に敵視しないで欲しい。
ライブなのに交流しないとか呟かないとかってだけで、愛の深さを語らないで欲しい。

予想外に声掛けられたりするとカオナシみたいに「あ…あぁ…」しか言えなくなるけど、本当はいつも元気を貰ってます!好きです!応援してます!って言いたいんだぜ。
そしてそれなりに社会生活を送ってるからヤバいヤツってわけでもないぜ。

ぼっちはぼっちなりに愛してるんだぜ。

報告する

コメント

  1. 意識高い系ぼっちかよ
    そこまで他人を見るのは同じぼっちだけや
    気にしすぎや気にしすぎ

  2. せやね
    気にされてもいないから盛り上がった他のファン集団に体当たりされても足踏まれても無視されっぱなしや

  3. それは人としてのマナーの問題やからまた別の話

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧