里帰り

里帰り

家族

思春期の頃は母や弟と言い合いが多かったりしたけど、今は割と仲が良いので、歳を取ったんだなあと感じる。

たまに孫の顔が見たいと母から茶化されるけども、なんだかんだ言って、結婚とか将来とかを女の子から仄めかされると逃げるという事を察しているのでそれも含めてネタにされるのであった……

弟は兄である僕をを遥かに上回る高給で冷たいところもあるが、なんだかんだスマブラやろうぜって誘ってきたり、一緒に海外ドラマ見てくれたり、食事の際は会計してくれるというツンデレボーイだ。

そんな家族にぽつんと成長しきれないアダルトチルドレンというか、ダメ人間な自分がいるって思うと、愛想を尽かさず笑ってくれる家族の大切さや暖かさ、自分の不甲斐なさの両バサミでなんとも言えない気持ちになる。

友人

久しぶりに会った友人たちは何も変わらず明るく接してくれた。

いつも通り、くだらない話をして、しょうもない遊びをして盛り上がる。

特別な事は無いんだけど、僕にとってはかけがえなくどんな面子よりも楽しい時間を過ごせた。

あとは返事は大体分かってるけど、彼女出来たといつも聞く。

今年も僕らに彼女は出来なかった。
でも、友人の一人が近々デートするらしく嬉しい気持ちになった。

今年は、カラオケに行き、花火を見て、バラバラの偉人のパーツを組み合わせた戦うカードゲームを楽しんだ。

僕の切り札は開闢のチンチン帝。
名前もステータスも最強だ。

今後

久しぶりに里帰りして、家族や友人に会い、代わってないように見えて大人になったみんなに置いていかれないように自分も成長しなきゃと痛感した。

意識低い系が売りのガブノミーだけど、いい加減まともな職に就かなきゃいけないし、底辺校からエリートになった弟にいい兄と思われるように、女で一つで育ててくれた母に恩返し出来るように頑張らなきゃな。

それに、巨乳でショートカットで可愛い彼女も欲しい。
結婚を仄めかされても逃げずにGO出来るような人間になりたい。

今の世の中、細やかな幸せすら成就するのは過酷だけれどもただ落ちて苦しむよりは頑張って苦しみたい。

まぁでも、帰ってきたばかりだからもん娘クエストやって、魔物娘図鑑読んでメンタルを整えるのが先だ。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧