自己承認欲求が、満たされないガブノミー

イキったやつが目立つのがSNS

もっとちやほやしてくれ!
構ってくれ!
俺すごくね?

まとめて自己承認欲求と呼ぶ。

自己承認欲求を満たすため、多くのSNSは「良い」と「拡散」を押させるため、武勇伝やマウント、晒し、嫉妬などなど人間のマイナスな感情で稼ごうする。

評価は増えると、人目につくところへひっぱり出され、サービス使用者隅々まで伝わる。
もちろん、意識低い系にまで届く。
それを見て、うんざりするのだ。
またイキったやつが暴れてると。

ガブノミーは違う。

ガブノミーの評価はベクトルが違う。
ガブノミーの評価は「意識が低いね。」だ。

ユーザーが「意識が低いね。」を押す時は、
自分と近いもの、もしくはそれ以下と認識して、安心感を感じたとき評価をする。

持ってる高い外車、高級時計の写真をアップしても、評価がつかない。

ランキングに載った!とスクショを載せても評価がつかない。

ギャンブルに勝った!と報告しても評価がつかない。

自分と近いものを感じないし、安心感を感じないからだ。

ガブノミーに求められるのは、平均かそれ以下というところに面白みがあると思いました。

長い寝言でした。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧