帰省2日目(予定)

篭り日和

こんな状態ではお手上げである。
再び眠りにつくことが最善なのだ。

いつ地元にたどり着くのか、神のみぞ知る。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧