サマージャンボの結果や如何に。

サマージャンボの結果や如何に。

人生初の宝くじ

俺はこの年になるまで宝くじを買ったことがない。俺がまだ学生の頃、数学が得意な友人がいて、そいつの話によれば、宝くじで一等を当てるより隕石に当たって死ぬ確率のほうが高いらしい。だから隕石に当たることがあれば宝くじも買ってみようと考えていた。

だが俺ももう学生じゃない。ぼちぼち自分の限界みたいなものが見えてきた。真っ当に努力してみたところで、億万長者になるのは難しい。それこそ、隕石に当たる確率のほうが高いような気がしてきた。
それならば、宝くじに手を出しても損はしないはずだ。自分を納得させる理屈にまで貧乏が染み付いてますね。

あたれ!あたれぇぇっ!!

ダメみたいですね(無慈悲)

300円すら当たりゃしない。
サマージャンボミニのほうもかすりもしません。

当選確率をぐっと上げる方法

ところで宝くじを買う際には色んなジンクスがある。売り場の向きとか、窓口の位置とかね。風水や自分の経験則に基づくものが多いんだろう。

だが俺はきちんと理論に落とし込んだ買い方を知っている。

まず宝くじを一枚も買わない状態を考える。当たる確率はゼロだ。

次に一枚だけ買う状態を考える。0.0000000数%ぐらいの確率で一等が当たると仮定する。

そして二枚以上買う状態。同じく0.0000000数%ぐらいの確率だが、買った枚数倍確率は上がる。

当然、買えば買うほど確率が上がるが投資額も大きくなる。投資に対する期待値を最大化するにはどうするか。

正解は一枚だけ買う、である。
一枚も買わない状態は確率ゼロだ。一枚かえば0.0000000数%になる。

つまり、確率は無限倍になっているのだ。Q.E.D(証明終了)

とはいえ…

宝くじはビームライフルのようなものだ。当たらなければどうということはない。

ハズレの虚しさを紛らわすため、俺はコンビニに立ち寄ってストゼロを買った。店内のBGMで米津玄師のloserが流れている。当てつけか?こちらもヤケクソだから、米津玄師顔負けのステップを踏んでやった。店員さんが見てはいけないものを見てしまったような顔をした。誰も得をしないとはこういうことを言うんだなぁ。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧