顔に発射したはなし

顔に発射したはなし

あれはそう……たしか高校2年生の時

ぼくはいつもの時間よりも随分と早く目を覚ました。
二度寝しようとも思ったが、そんなに眠くない。

そこで健全な男子高校生だったぼくは、やがて経験するであろう男女の営みの自主練習をすることにした。

左手にスコッティ、右手にぼくのぼく

自主練習は捗った。
いつもと違う、登校前の早朝というシチュエーションはぼくをいつものそれとはまた違うステージへと誘った。

それはいわゆる"ゾーン"と呼ばれるものだったのかもしれない。
極限の集中。
この世にはもう、ぼくのぼくだけ。

しかし、そんな自主練習にも終わりはやってくる。

ぼくは右手のみに集中していた

集中しすぎていた。

少し――そう、ほんのコンマ何秒か、左手の動きが遅れた。
スコッティという名のガーディアン。
億を越えるぼくの遺伝子を包み込むはずの彼は、その役目を果たすことができなかった。

ぼくの遺伝情報は宙を舞った

ぼくのぼくから生み出されたそれらは、高々と舞い上がった。

そして――
やがて――
美しい放物線の頂点に至り――
落下する――

ぼくの――

カ オ ヘ ト ― ―

ぼくは目を腫らして学校に行った

「その目ェどしたん?」
「いやなんか起きたら腫れとってさ」

言えなかった。
言えるわけがなかった。

ぼくの遺伝子が目に入っただなんて。

その日、ぼくは大切な教訓を得た。

――仰向けで自主練習するのは危険だ――

ちなみに

自主練習は何度も繰り返してきたけど、実戦はまだです。

報告する

コメント

  1. 感動しました
    これからも励んでください

  2. いつも仰向けで練習してますけどそんなことなったことないです!(笑)

  3. @ユージロー 
    ありがとう。励みます。

    @ii 
    それはゾーンに入れてないですね。
    もっと集中しましょう!
    頑張れ!貴方ならきっとたどり着ける!

  4. 積極的にタンパク質摂取しにいこうや

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧