現代社会を「ニン活」で生き抜く

現代社会を「ニン活」で生き抜く

ニン活とは?

ストレスフルな社会に順応しないため、週2回程度の翌日にまで響くニンニクを摂取することで幸福値を維持する活動のことである。

私は水曜日と週末をニン活日として設定し、大抵はラーメンやまぜそばを食していた。ニンニクさえ入っていればOKである。

決して「妊活」ではないので注意して頂きたい。

ニン活のメリット・デメリット

食後も残るニンニクを摂取することで、脳が萎縮しがちな意識低い民でも「ウメェものを食べた」という記憶が鮮明に残る。

つまりそれを週の決まった日程に1度以上行うことで、意識の低下により今日と明日の境界線すら曖昧になりはじめている私たちの曜日感覚と生活のリズムが維持できる。

さらに1週間の中におけるご褒美デーという役割までこなせるのである。素晴らしい。

デメリットは食後に後悔しがちなことだろうか…。(脂っぽさ、満腹、臭い…etc)

臭いに関しては食後すぐに100%のりんごジュースをガブ飲みすればいくらかは軽減されるが、翌日まで響くときは響く。そういうもんだよ。

最後に

ニンニクを食べてストレスフルな社会にクセェ口臭ぶちまけて負けねえでいこうぜ。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧