メッセンジャーの出会い日記【2回目】「パブリックスタンドの思い出」

メッセンジャーの出会い日記【2回目】「パブリックスタンドの思い出」

パブリックバー

かなり前にパブリックスタンドとかいうバーに行った! 写真の店だな!
今回はその時の話だ!

ここは金払って入ったら飲み放題のバーだ。
そんでここは出会いを求めた男と女がうようよいる! たまんねえな!
そんな評判を聞きつけて、馳せ参じたわけだぜ。

入ったのは開店直後で客がいなかった。
それからも入ってくるのは男ばかり!
マジかよ騙されたぜ。

麻薬取締捜査官との出会い

少ししたら女客も入ってきたけど、声かける勇気もねえ。
だいたい、俺みたいな男が声かけたら迷惑だ。……なんのために来たんだ?

そしたら同じく一人客の男が声かけてきやがった。
「あのぉ、一人なら一緒にどうですか?」
お、マジか、どうした。男客相手に声かけるとかゲイか? と思ったら違うらしい。
「一緒に女の子に声かけません?」
よっしゃ! いいぜ。声かけようや。

と思ったけど、2人して女の子に声かけたけど、けんもほろろ。
振られまくりだぜ。いかんせん、話してくれても興味ない対応される。キツい。

「あのぉ、俺、明日仕事なんで帰りますね」
と言ったので、駅まで送ってやる。道中、雑談でなんの仕事か聞いたら
「はぁ、麻薬取締捜査官ですねぇ」
と言いやがった。

そんなすげえ仕事なら女の子に言えば、興味持ってもらえただろ!
言っとけ!!

ゲイバーへ

しゃーねえから1人店に戻って喫煙所にいたら、40代くらいの女性に話しかけられた。そんで雑談よ!
俺くらいモテる男になると、向こうから声かけられる! さすがだな!

ほんで一緒に飲むことになって、席行ったら若そうなねーちゃんと一緒だった。うひょう。
なんか2人は友達みてえだ。3人で話したら、そこそこ続いた。
話してたら「もう時間だから」とお別れムード。まずい。

どこ行くんですか? と聞いたら某所のゲイバーらしい。マジかよ。
「一緒に来なよ」
最初に声かけてくれた人が言う。マジかよ。
とりあえず興味本位でついてった。

「あんたゲイの道向いてるわよ」

某所のゲイバーに3人で行った。
カランコロン♪
「「いらっしゃっいませー」」

うおお、オカマさんのお出迎えだぜ!
ていうかみんな年行ってんな!

なんか2人のオカマさんが席についてくれた。
普段は普通のおっさんらしい。
5人で酒飲んでたらもう1人オカマの姉さんが。おお、若いぞ。
「お兄さんより歳上なのよ〜♪」
マジで!? 30代に見えたぜ。

なんか酔ってて覚えてねえけど、カラオケも付き合わされた。おっさん……じゃなかったオカマさん! あんたノリノリで歌うね!

歌ったあと、おっさんのオカマさんが言う。
「あんたゲイの道向いてるわよ」
やめてくれ!
「あたしわかるのよ、顔も女顔だし雰囲気もそう。あんたこの道を考えたことあるんじゃない?」

ねえよ!

帰りの道

酔っ払ったあと、最初の40代の女性がゲイバー代金払ってくれた。まぁ、当初の約束通りだけど、めっちゃお礼言った。ありがとう、ほんと。

帰り際、ゲイに向いてるといったオカマさんが電話番号書いた名刺くれた。半笑いで受け取ったけど、正直いらねえ……。

で、みんなでタクシー乗って駅まで。
女性陣2人はホテル泊まるらしい。俺はネカフェ。

「「じゃあね」」

別れた。

あっ、連絡先聞いてねえぞ!!
もう遅い。しゃーないからネカフェで寝た。

朝起きたら酒が残ってやがる。
ふらふらで帰った。

もうパブリックスタンドなんか行かねえ!! 以上だ!!

報告する

コメント

  1. 待ってましたー!
    目的の異性との出会い以外は色々と充実した出会いしててしゅごい……

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧