ストロングは魔剤ではない。

ストロングは魔剤ではない。

「意識が低い」の魔性

「意識が低い」界隈に興味を持ち、「意識が死んでる芸人」として生活を始めたきっかけは、友人がたまたま発した「ストロングから逃げるな」という悪魔のような言葉であった。

そのとき非生産的でありながらも「意識が低い」状態が何故か美しく見えた。

そして、ただの酒クズと化したのは言うまでもないだろう。

「意識が低い」の弊害

「ストロングから逃げるな」に支配されながら1日500ml缶を数缶飲む生活が1年以上続いたある日、気がついた。

「 9%以外の酒は酒にあらず」という考えが頭を支配するようになった。

昨年の夏に「12%のストロング」が発売された日には歓喜のあまり即座にローソンに駆け込んだ。実に愚かである。

だか、既に脳は死んでいたのである。
気づけば高ALCの酒しか飲めない病になっていた。

ストロングは1缶で手早く酔えるという商品だというのに、ストロングを浴びるように飲むことで酔おうとしていたのである。

もちろん、今もその病は治ってはいない。

ストロングから逃げよう

ここで言うべきではないと思うが、あえて言わせてもらおう。

「ストロングから逃げよう」

残るのは生活のえぐみと、慢性的な頭痛と、疲労だけである。

決して、ストロングは魔剤ではない。

報告する

コメント

  1. 共感しすぎて涙でました

  2. @トワタリ舐め美 200円程度でそんなものが買えてしまうなんて怖い世の中ですよね…合法(意識)トリップ…。

  3. 初コメ失礼します。
    とても感動致しました。
    ストロングは酔っ払う為の道具だと思ってた時期が私にもありましたが、やはり酔っ払う為の道具なんだなと改めて実感致しました。

  4. @灰になりたい ストロングゼロって文字通りストロング(酩酊)になるとみせかけてゼロ(虚無)に向かわせる悪い道具です、、、。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧