ワイの非日常2

ワイの非日常2

何故ポルシェ?

ワイの非日常1でそう思った方もおるやろうから、ちょっと説明するやで。
ワイは純粋に車と運転が好きなんや。なかでも最近憧れてたのがポルシェで、今回は乗り心地だったりなんだったりをリサーチするために今回借りたってわけやで。

その結果

なんというか…過剰だった期待を越えることはなかったで。少なくとも渋滞や混雑にはまる路線で走るのは楽しくない、やはりアウトバーンとかスポーツ向けやと思うんや。街乗りで使いたいなと思っとったやが、良い感じに踏ん切りつけれた気がする。借りたのはボクスターだから仕方ない面もあるんやろか…

今回の写真

めっちゃボケてモザイクみたいになってるけど、宿前の居酒屋で一人飲みすることにしたんや。
カウンターにはネーチャンが1人で飲んでたやで。聞くと、小学校の先生で今ダイビングするために来たとかなんとか。かなり潜っててベテランみたいやったで。
話を聞く限り、才色兼備でかつ努力家、子供達への献身的な熱意とまさに理想的な先生像やった。ああいう人が沢山いるならば病む子達も減るだろうに…

話は盛り上がり

泡盛や料理2,3品を奢ってもらったやで。ありがたいやで。

さすらいの旅人

とある愛知のお好み焼き屋さんの店主がおるんやが、不思議な事に昨日出会ったネーチャンがその人と同じことを言ってたんや。
「恩は自分に返さなくて良い。いつかどこかであなたと同じような事をやってる人にその恩を返してあげて。俺(私)もそうされたことがあるから。」
この二人の共通点は旅人。そして何かしらの恩を誰かからもらっている。それがワイに託されたわけや。この継承、絶対に次につないで見せると改めて決意したやで。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧