コインロッカー物語

財布に100円硬貨がない

コインロッカー使えないので、荷物を持ってジムのトレーニングルームへ

他の利用者はコインロッカーを享受しているため、荷物はあってもドリンクやタオル程度
大層なバッグを持って現れた男を、受付のババアさん2人が遠くからこちらをジロジロ見る

この事件以降、常に100円硬貨が財布に入っているように会計をする
まるでベンチに控え捕手を残しておく監督の采配じゃないか
10円や50円はキムタクや銀次にならないものか

せめて別種の硬貨でも可にしてくれればいいのにねぇ

収束する世界

先月
使おうとしたロッカーに100円が残ってる!思わぬ利益だ!菓子パン買ったろ!

今日
やっべ、ロッカーから100円を取り忘れた気がする

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧