Tabletop Simulatorでゲーム考えた

Tabletop Simulatorでゲーム考えた

Tabletop Simulatorとは

タイトルの通り、「机のシミュレーションゲーム」です。トランプやオセロやすごろくなどの卓上でできるゲームはほぼこのゲーム上で再現できます。このゲーム内でできる一対一の対戦ゲームを考えました。僕は「アナルビーズ飛ばし」って呼んでます。

このゲーム持ってること前提で大雑把にルール書くので暇な人がいたら一緒にやってほしい。

ルール解説①

1.GamesからChinese Checkersを出す

2.相手と向かい合う形で自分の色を決め、先行後攻を決める。自分の色の玉を「持ち玉」、持ち玉が入っていた穴を「持ち場」とする。

3左側のメニューからFlickを選び、下画像の赤線で囲われている部分の穴に自分の色の玉を飛ばす。場外に出た玉はそのまま放置し、自分の持ち場に玉が入った場合はターン終了とする。

4.後攻が玉を飛ばし終えた時点でどちらかの持ち場の持ち玉が0になった時点で、得点を数える。(ルール解説②参照)

5.得点の多いほうが勝利とする。

ルール解説②

得点は、向かい合っている方向と垂直に入っている持ち玉が多い列の数がそのまま得点になる。入っている数が同じ列はカウントしない。
下画像の場合、上から1,2,6列目は緑のポイントで3,7,8,9列目は白のポイント、4,5列目はカウントしないので、白の勝利になる。

よく考えたらクソどうでもいい

暇すぎて一日が1000時間ある錯覚に陥ってる人はお友達を誘ってやってみてください。多分二回で飽きるんで。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧