実録 日本お金ばなし

実録 日本お金ばなし

むかしむかし、あるところに

ぼくの父がおりました。

父は幼い子供3人を養うため、町工場でせっせと働いていました。

町工場はあまり儲かっておらず、経営が傾いてきたため銀行からお金を借りることになりました。

町工場の社長は父に言いました。

「お前を見込んで話がある」
「借金のための連帯保証人になってくれ」
「経営がうまくいったら後々この会社はお前に任せようと思っとる」

普段からお世話になっている社長の頼みです。

それに同じ工場に勤める他の人のためにも、自分でよければと母に相談もせず二つ返事で承諾しました。

それから間もなく

町工場は倒産しました。

父は借金のことが頭をよぎりましたが、あくまで自分は保証人。

実際に借金をしたのは社長なのだから、社長がきちんと返済するだろう。

そう、思っていました。

しかしそうはいきませんでした。

社長は足を悪くしてしまったため働けず、借金を返済できないというのです。

父は驚きました。

町工場の借金5千万円は彼に降りかかってきたのです。

弁護士に入ってもらい返済額は2千万円まで減額されました。

けれどもマイホームのローンもあります。

けして楽はできません。

父はほかの町工場で死に物狂いで働きました。

プレス機械の事故で指を失ったりもしました。

父の精神は徐々に蝕まれていきました。

元社長の裏切り。今後への不安。

九州の山奥で育った純朴な父は耐えられませんでした。

だんだん工場を休むようになりました。

ついには父は工場をクビになりました。

マイホームのローンも支払えなくなり、手放すことになりました。

一家はお世話になった近所の人にも告げず、夜逃げ同然で慣れ親しんだ我が家から出ていきました。

そのころ元凶となった元社長の大きくてりっぱな家の駐車場には、ピカピカの新車のベンツが停まっていました。

父は働く気力を失いました。

定職に就かず、少し働いてはすぐ辞め、を繰り返しました。

共働きの母はそんな父とよく喧嘩をするようになりました。

「なんで他人の借金を私らが払わなアカンの!?」
「なんで保証人になんかなったんや!」

二人の間には大きな溝ができていました。

年月が経ち、なんとか借金は完済できました。

しかし父と母の間の溝は埋まることなく、20年以上続いた夫婦生活に終止符を打ちました。

ボロイ借家で暮らしていた一家でしたが、ぼくがホームシックになり会社の寮から引き上げたことを機に、中古住宅を購入することにしました。

当初は長男であるぼくの兄がローンを組むはずだったのですが、派遣社員だったので審査に通りませんでした。

そこで勤続年数は1年余りでしたが正社員のぼくの名義でローンを組み、父を除く一家4人と猫一匹で暮らすことになりましたとさ。

めでたくない、めでたくない。

さいごに

少し脚色してる部分はありますがほぼ実話です。
不幸中の幸いやったのが借金の相手が真っ当な銀行やったこと。これは弁護士さんにも言われたそうです。
まあお金の大切さとかを学べたということでは自分の人生のプラスになったと思う。

その後父と母は距離を置いたことでなんだかんだわだかまりが薄くなってきたのか、ちょくちょく父が家でご飯を食べたりするような関係になっています。
父のことは哀れにも思いますが、借金があるときに定職に就かずフラフラしていた時は本当に腹が立っていました。

見てくれた人に言いたいのは、保証人、ダメ、ゼッタイ。ということです。特に連帯ね。
あとは借金全般にも注意。学生さんは奨学金とかあるかもやけど、返済不要のもの以外はあれも名前変えただけの借金やからよく考えるようにね。

こんな事があったからなのかどうかは分からんけど母はVシネのミナミの帝王が大好きです。
関東の人とかはあんまり知らんかもしれへんけど面白いし勉強にもなるのでぜひ観よう。(観よう)
ただ劇中にでてくる法律関係のこととかはたぶん古い情報なので注意な!

報告する

コメント

  1. 父ちゃんよく社長に復讐せんかったな

  2. @意識高め絶対怒るマン
    実際にこういう状況になるとそういう事思い付かんのかもね

  3. 一寸先は闇と云うけれど、闇の中に突き落とす奴がいるん。
    貴方とご家族は本当に苦労したと思う。
    誰にだって人生を幸福にすごす権利がある。
    貴方ご家族に大きな幸がありますようにお祈りいたします。

    お金のことは気をつけます。

  4. @逝きだおれ 
    ありがとうございます。
    書いた内容だけだとクソ暗いけど実際は質素な中でも楽しいことがあったしホント生きてるだけでまるもうけとはよくいったものやと思います。
    家族の幸せ祈ってもらえるならうちの35歳の独身腐女子姉を貰ってやって下さいw

    @もより 
    多少の贅沢はいいけど身の丈にあったお金の使い方をしないと痛い目見ますからね。
    お金がこの世の全てだなんて思わんけども、やっぱり大事なものには変わりないですから。

  5. @さわやか3組 
    おっしゃる通りですねー。
    自分もこんな家庭事情でなければ連帯保証人の怖さなんぞ知らずにのほほんと生きてたやろなぁと思います。

  6. @尿酸値高い系 

    ご家族の様子が聞けて少し安心しました。

    まじで連帯保証人は制度自体を無くした方が良いと思うんよ。
    それを書かせる人って家族とか親戚とかでも、人を崖から突き落とそうとするやつね。
    そういう人間に限って、善良な純朴な人間を嗅ぎ分ける能力に長けてるからしまつにおえん。

    わしは事故でほぼ寝たきりじゃ。
    他をあたって姉さん幸せになりんさいw

    追伸、薄桜鬼とかアルカナファミリアとか
    アニメ見て好きじゃけえ。

  7. @おにいさん 
    ナイスウンチ

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧