意識低すぎて警察に呆れられた話

意識低すぎて警察に呆れられた話

事件の発生

 私は基本的にぐうたらな人間だ。
 行動を起こすまでが非常に遅かったり、やらなければいけないことをいかにやらずに済ますか、ということばかりを考えるダメ人間だ。
 ホリエモンがこう言っていた。
 『出来る人間はラインの返信も早い』
 まさに、平気で1日置くときもあれば1週間置く場合もある。私は出来ない人間なのだ。

 そんな出来ない人間は、昔住んでいたアパートにて盗難の被害にあった。
 アパートの入り口にある郵便受け。上部が開いていてそこに郵便物を入れ、鍵を開けて取り出す形のアレ。手を入れると鍵を開けなくとも結構取れてしまうアレ。
 私の注文したUSBメモリスティックはそこから盗まれたのだ。
 
 当時の自分は若く、近所迷惑的なことをしていた記憶もある。隣のおっさんに注意されたこともあった。たぶんあのおっさんが犯人なんだろうけど決め付けは良くない。
 購入したショップと配達した会社に問い合わせ、配達済みになっているということから盗難と気付いた流れだ。

めんどくさい病

 もう考えるだけでめんどくさい病が発病していた。まずは警察に連絡するかと、電話するのもなんか怖いし何よりとにかくめんどくさいので鼻をほじりながらインターネッツでもって警察のメアドを探る作業。
 起きたことを丁寧に説明したメールを送信。
 後日電話がかかってきた。何度かメールのやり取りがあったかもしれない、その辺は昔過ぎて忘れている。
 
 まず何を言われたかというと、被害届を出してくださいとのこと。
 
 うわ…うわぁ…うわぁっ!
 すげぇめんどくせぇっ!

 購入したショップ、配達してくれた会社に連絡、警察にメール。
 ここまでめんどくさいことをしてきて更にめんどくさげな作業を押し付けようとしている…
 フラストレーションが溜まりに溜まった私の口からつい出てしまった言葉。

 「うわぁ…めんどくさいんですけど…」

 そ の ま ん ま ! ! !

 警察は吹くようにため息をついた。いやいやいやいや、と。
 被害届を出してくれないとこちらは動けないと言うことを言われたけれども何よりこっちはもうめんどくさい病が発病してしまっているわけで。若く、無知で馬鹿な過去の私が次に発した言葉。

 「なんで被害を受けているこっちが時間を削って余計な作業をしないといけないんですか、ていうかそっちでなんとかしてくれるのがそっちの仕事なんじゃないんですかぁ?」

 もう完全に呆れている警察。とにかくどう言われようと被害届が無ければ動けないと警察は強く言い残して電話を切った。

結末

 被害届は結局出しませんでした、めんどくさいんで。
 警察に対しての発言については非常に反省しております。恥ずかしい想いがずっと脳裏にこびりついております。すいません。

 おわり。

報告する

コメント

  1. めんどくさいのに投稿できて偉い!!

  2. @ネコキチさん 楽しいとめんどくさくないんやで!

  3. めっちゃわかる!
    基本すべてめんどくさいのに
    楽しいことはめんどくさくないやつ!

  4. @I-IIRO せやろ!ユーチューバーとかみんなそんな感じやと思うで!

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧