GABUNOMYの居心地がいいと言うお話

GABUNOMYの居心地がいいと言うお話

居心地が悪くない、いや、よい

もはやツイッターをも削除してしまった私でありますが、ここに来て、新たなSNS、NewSNS、そう、GABUNOMYを発見したわけであります。

令和の幕開けとともに始動した新たなSNSであります。

SNSと聞いて、まずツイッターやフェイスブック、インスタグラムを連想される方はもはや時代遅れであります。平成っ子です。
私たち令和生まれはこのGABUNOMYこそが新たなSNSの金字塔となることを知っているわけです。
しかし、このGABUNOMYはまだユーザー数が百何十人ほどしかありません。

果たしてこの、弱小SNSがツイッターに勝てるのか。
いや、そもそもSNSとはなんでしょう。ユーザー数=強さなのでしょうか。
フォロワー数=ステータスなのでしょうか。

フォロワー数が36人しかいないという受け入れがたい現実から目をそむけたい。

そこで、考えを変えよう。
ユーザー数が多ければいいと言う問題ではない。

私は気づいてしまった。
そう、これから求められるものは質であると。SNSでも、ゲームでも、オナニーでも、量ではなく質が求められてきているわけであります。

そう、量ではなく質。

そう言うわけで、GABUNOMYの居心地がいいです。

報告する

コメント

  1. 意識低いね!を3つ差し上げたいです

  2. @がぶ飲みおじさん 
    この駄長文に満足いただけたなら
    とても幸いやで

  3. @さわやか3組 
    わいの常軌を逸した文才による秀作を
    安倍晋三の一言ですませるなや

  4. 居心地いいよねここ

  5. 低いいね!

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧